【エルデンリング】全素性とステータスが公開!おすすめを初心者にもわかるように解説!

エルデンリング攻略

エルデンリングの全素性の名前と見た目、ステータスが判明しました。この記事では、各素性の特徴や、おすすめの素性について、公開情報や過去作の経験などから分析し、なるべくソウルシリーズ未経験な人でも理解できるように解説していきます。

まず、素性って何?

素性というのは、簡単に言うと職業のようなものです。ゲーム開始直後に選ぶことになり、選んだ素性によって、初期装備やステータスが決定します。(重要)

過去作のソウルシリーズでは、一度選んだ素性は変更できないため、自分のプレイや適性に合った素性を選ばないと、序盤で苦戦したり、初期値が固定されるので、キャラ育成の際に後悔する羽目になる可能性があります。

全素性とステータス一覧

素性レベル生命力精神力持久力筋力技量知力信仰神秘
Vagabond(放浪騎士)91510111413997
Warrior(剣士)811121110161089
Hero(勇者)7149121697811
Bandit(盗賊)51011109139814
Astrologer(占星術師691598121679
Prophet(預言者71014812871611
Samurai(91211131215988
Prisoner(囚人)911121111141469
Confessor(司祭1010131012129149
Wretch(持たざる者)11010101010101010

以上の全10種類が公開されています。いやー、たくさんありすぎて、どれにしようか迷いますね。

放浪騎士は生命力が一番高く、剣士は技量が一番高い、といった具合なので、例えば一撃のパワーを求めていくなら勇者、直ぐ死んでしまうのが嫌!という方は放浪騎士を選ぶのが無難だと思います。

各ステータスの説明については、以下の記事で紹介しています。管理人のおすすめは騎士です!(理由は以下に記載しています)

各素性の紹介と解説

放浪騎士

放浪騎士

生命力が高い、近接特化の素性です。攻撃力、防御力ともに高い水準を誇っているため、初心者でも扱いやすいと思います。ただし魔術は苦手です。

ソウルシリーズでも、安定したバランス型として、プレイヤーの攻略に大きく貢献してきた素性です。初期装備も強力なため、迷ったら騎士を選んでおけばよいのではないでしょうか。

ちなみに私もダクソ3の初見プレイでは騎士を選択しました。

剣士

戦士

技量が高く、他は平均的な性能。いろいろな武器を使いたい!という方や、技量戦士ビルドで育てたい!という方にお勧めです。

一撃に重きを置くというよりは、素早い連撃で攻めるというイメージでしょう。

勇者

勇者

脳筋。パワー系生命力と筋力が高く、攻撃力と防御力を兼ね備えた存在。そういう意味では、初心者にもお勧めの素性といえるでしょう。重量級の武器をブンブン振り回したい人におすすめ。

盗賊

盗賊

見た目が過去一カッコいい!と話題沸騰中の盗賊。技量と神秘が高いです。神秘がどのようなステータスなのかまだ判明していませんが、エンチャント系強化と関連があるのでは、と推測しています。

出血などのエンチャントでガンガン攻めていく!といった人には向いていると思います。

占星術師

占星術師

こちらもイラストが魅力的ですね。女性でキャラメイクすれば色々捗りそう精神力と知力が高い、魔術師ビルドです。魔法をメインで使いたい、近距離は苦手という人にお勧め。遠距離から攻撃できるため、雑魚戦では猛威を発揮しますが、近距離を強要してくるボス戦では工夫が必要。

預言者

信仰が高く、祈祷に特化したビルドです。こちらもガンガン祈祷を使いたい人や、近距離が苦手という人にお勧めです。最低限の筋力はあるため、ある程度の接近戦も可能。

侍

持久力が高く、手数重視で戦うことが得意。見た目もカッコいいですね。

侍好きにはお勧めです。

囚人

囚人

技量と知力が高く、近接と魔法両方で戦えるビルド。筋力や生命力もそこそこあります。臨機応変に戦い方を変えたいという人や、魔法剣士ビルドを育てたいという人にはお勧め。見た目の存在感も随一。

司祭

祈祷中心に戦いたい人向け。ただ、筋力や技量もそこそこあるため、接近戦も行けます。祈祷メインのバランス型です。

持たざる者

上級者や、マゾヒスト向け。ステータスもすべて平均以下で、初期装備も貧弱なので、初心者は選ぶべきではないです。ただ、レベルが1なので自由にステータス振りをしたいという人には向いているかもしれません。

↓エルデンリングをAmazonで購入するならこちらから!


【PS4】ELDEN RING


【PS5】ELDEN RING

コメント

タイトルとURLをコピーしました