【エルデンリング】全ステータスが判明!ステータスと能力値上昇の関係性について

エルデンリング攻略

エルデンリング、発売まであと1週間切ってきましたね。全素性とそれぞれのステータス値が公開されましたが、ダークソウルシリーズ未経験の方は、「(。´・ω・)ん?生命力って何ぞや?」とか、「どのステータス上げていいかわからん!」などとお思いかと思います。

そこでこの記事では、過去作を参考に、各ステータスについて解説していきたいと思います。

↓全素性とステータス値についてはこちら

前作(ダークソウル3)と、エルデンリングのステータスの違い

前作からそのまま受け継がれたものが多いですが、一部新ステータスがあります。また、ステータスの数は前作では9つありましたが、エルデンリングでは8つに減少しています。違いを表にまとめましたので、参考にしてください(この表の通りに対応しているとは限りません)。

ダクソ3エルデンリングダクソ3でのステータスの主な説明
生命力生命力HP量を決める
集中力精神力記憶スロット数とFP量を決める
持久力持久力スタミナ量を決める
体力装備重量を決める
筋力筋力筋力で扱う武器の装備と、攻撃力に影響
技量技量技量で扱う武器の装備と、攻撃力に影響。落下ダメージ、呪文詠唱時間を軽減
理力知力魔術を使用するために必要。魔術の威力にも影響
信仰信仰奇跡を使用するために必要。奇跡の威力にも影響
神秘アイテム発見力や、出血、毒の与えやすさに影響

名称は変わっているものが多いですが、大体は対応していると考えてよさそうです(先行プレイから、エルデンリングがダークソウル3の仕様はかなり類似していると思われます)。ひとつ大きな違いがあるとすれば、「体力」というステータスがなくなっています。これにより、装備重量という概念がなくなるのか、はたまた別のステータスに引き継がれるのか。。。発売が楽しみです。

また、「運」というステータスが「神秘」という名前に変わっているのもポイントかもしれません。前作ダクソ3では、運はほぼ死にステと呼ばれているほど上げる価値がないステータスとして定評がありましたが(一部攻撃力が運に依存する武器があり、その武器で攻略する場合には有用)、今作では仕様変更はあるのでしょうか。こちらも早くプレイして確認したいところですね。

どのステータスを上げるべき?

ダクソ3とエルデンリングでステータスが対応していると仮定した上で記述します。

難しいゲームをリリースすることに定評があるフロム・ソフトウェア。エルデンリングがダークソウルの正統進化であることを考えると、今作も死にゲーである可能性が高そうです。

このことからも、序盤から上げるべきステータスとしては、第一は最大HPを高める「生命力」一択でしょう。スピードを競うRTAでさえある程度生命力を上げています。生命力を上げずに進めると、雑魚敵の攻撃ですら一発死ということにもなりかねず、非常に危険です。(縛りプレイをしたいのであれば止めませんが。。。)

ただし、どのステータスにも言えることですが、前作では、パラメータを一定以上上げた後は、能力値の伸び率が悪くなるという仕様があったので、ある程度バランスよく上げていく必要はあります。

次に上げるべきステータスは、「持久力」でしょう。このゲームはスタミナが非常に大事です。というのも、攻撃を行う、ローリングで回避する、盾で敵の攻撃を受ける、魔法を打つ、ダッシュする、といったほとんどの行為でスタミナを消費します。戦闘における「攻撃」と「防御」の両方に関わる重要ステータスですので、上げておいて損はありません。

他には、接近戦メインで行くなら、自分が使いたい武器の必要値まで「筋力」や「技量」を上げるとよいでしょう。魔法メインで行くなら「精神力」「知力」を上げる必要があり、祈祷メインで行くなら「精神力」「信仰」を上げていくイメージです。

中盤以降は、生命力と持久力をある程度上げてきていると思うので、火力を伸ばすために筋力、技量、知力、信仰を上げていくというのがおすすめです。

ステータスは振り直せる?

前作では振り直しは可能でした。ただし、ストーリー中盤以降に行ける特定の場所で、特定のアイテムを消費するという条件付きでした。

これを考慮すると、今作も振り直しは可能であると思われますが、アイテムが必要だったり、ストーリー中盤以降、もしくはクリア後のみの要素である可能性もあり、簡単に振り直させてはくれなそうです。。。

プレイする際には、「技量戦士」「脳筋戦士」「魔法メイン」「魔法戦士」というように、ある程度プレイスタイルをイメージしながらステータス振りしていくとよいと思います。

因みに、管理人は流浪騎士か戦士を選んで、脳筋剣士でやる予定(゚∀゚)

コメント

タイトルとURLをコピーしました